第513回 例会

「《魔笛》は自律的芸術作品か?」ー成立、解釈、受容の歴史の再考ー




日時 2022年7月24日(日)
14:00開演
会場 トーキョーコンサーツ・ラボ(早稲田・西早稲田)
出演 講師:大津 聡先生
内容 《魔笛》は、モーツァルトの劇作品中、今日まで最も多く上演されてきたポピュラーな作品ですが、同時に、多様な解釈と共に受容されてきました。作品外の要素が持ち込まれたこともしばしばです。本講演会では、作品の成立から受容に至るまで、言わば、「魔笛の歴史」とその問題の一端についてご講演頂きます。







90e074115f21ca0d5c6b731760bb9644